Archive for 看護師

医療従事者のおしゃれについて

仕事中でもおしゃれを楽しむ女性は少なくありませんが、看護師の場合は目立つおしゃれは難しいのではないでしょうか。看護師の仕事は患者と密に関わる事が多く、患者の中には明るい髪色や華美な化粧を嫌がる人もおり、万人に好まれる服装や髪型でいる必要があるからです。また、匂いに関しても人によっては不快に感じることがあるので、香水を楽しむ事も出来ないことがほとんどです。

しかし、看護師全てがおしゃれを楽しんでいないかと言うとそうではなく、業務内で支障がでない程度で楽しむ人もいます。看護師が身に付ける事が出来る事物で個性を発揮できる物の中には時計がありますが、時計にはカラフルな物からシックな物まで様々なデザインがあります。その中から自分の好きなデザインを選び、さり気ないおしゃれを楽しむ看護師は以外に多いものです。

また、見えない部分のおしゃれを楽しむという人もおり、ペディキュアをしている人もいます。業務中はナースシューズで足の爪はほとんど隠れるので、多少派手なアートネイルやジェルネイルも問題ないからでしょう。

看護師の中には仕事中決められた服装や身だしなみをする分、プラーベートでは自由に自分の好きなファッションを楽しむ人も多いものです。特にヘアスタイルは普段冒険出来ない分、ウイッグを被ったりヘアアレンジをしてイメージチェンジを図っている人も少なくありません。仕事中のおしゃれが制限されている場合は、オンとオフとでメリハリをつけておしゃれを楽しむことがポイントです。

ナースのアクセサリー着用について考えます!

おしゃれのバリエーションの一つとしてピアスを選ぶ女性は、珍しくなくなりました。しかし、看護師として働く場合は身だしなみに気をつけなければなりません。

看護の仕事では服装が厳しくチェックされるので、好ましくない場合には改善しなければならないからです。ピアスについても、医療施設での仕事にふさわしいかどうで意見が分かれます。あまりに目立つようなピアスは好ましくない場合が大半であり、プライベートでおしゃれを楽しむのは自由であるものの、勤務中には目立ったピアスは控える必要があるでしょう。

なぜなら、業務中にうっかりピアスをどこかに引っかけてしまう恐れがあり、怪我や事故が発生する可能性があるからです。そのようなリスクを考えると、看護師のピアス着用は控えるべきでしょう。また、ピアスに限らず複雑な形状をした装飾品は、医療施設で働く際に身に付けるには衛生管理上問題があります。デザインが凝っていて汚れやすいようなタイプの時計や指輪などを身につけるのは避けたほうが賢明です。

医療の現場で働く際には、安全や衛生面の配慮は欠かせません。そのため、もしも仕事中にもおしゃれを楽しみたいという方は、あまり目立たないような小型のピアスにするとか、シンプルなデザインの小物類を身に付けるようにするべきでしょう。もしも、仕事中に着用しても良いかどうかが判断できない場合には、先輩に確認したり、就業規約などをチェックしましょう。その上で、もしも禁止だった場合は、文房具にこだわってみたり、通勤時のファッションで個性を表現したりして、おしゃれを楽しむことをおすすめします。